役立つものを導入

企業にとって役立つものはすぐに導入するようにしましょう。効率や品質を向上させるサービスや規格は数多く存在しているのです。

企業が獲得している人気ISO規格ランキング

no.1

ISO9001

企業の多くが取得をしているISO9001は品質管理マネジメントの規格となっており「自社のサービスを今よりも管理を厳しくしたい」、「より良いサービスを提供したい」という目的から人気のあるISO規格となっています。

no.2

ISO27001

情報セキュリティの規格としてISO27001の規格も人気を集めています。情報漏洩の防止や情報管理のマネジメントになっているので、業種に関係なく取得が行なわれているのも特徴的ですね。

no.3

ISO39001

配送業者や工事事業を行なう会社に人気のあるISO39001は交通安全の規格となっています。運転中の安全確認のマニュアルを決め、交通事故を起こさないといった取り組みをメインに行なっています。

no.4

ISO14001

環境保全のISO14001は大手企業が積極的に取得していることが多いです。大企業ほど環境に与える影響は大きいため、それを理解して規格を取得しています。企業イメージもアップするので一石二鳥ですね。

no.5

ISO22000

食品を扱う企業でよく取得されているISO22000は、異物混入や食中毒の撲滅など食品の品質を管理する規格として人気があります。この規格を取得している企業は品質管理で高く評価されていることが多いですよ。

[PR]通信回線を守るためにデータセンターを利用しよう
セキュリティ対策が万全

[PR]ISO9001を取得したいなら注目!
専門のコンサル会社を大公開♪

[PR]総務業務をアウトソーシングしよう
必要経費をグッと節約☆

[PR]データ復元専門の業者をリサーチ☆
24時間・年中無休で電話相談受付中

[PR]高品質なデータ送信サービス!
セキュリティ対策万全♪

マニュアル化で社員に浸透!ISO9001の活用法

男性

多くの企業が取得している

ISO規格は様々な企業が取得しています。この規格が何に役立つかと言うと、企業の品質を向上させるシステム構築や環境保全の取り組みなどの対策に役立てることが可能になっているのです。ISO規格には複数の規格があるので、どの規格を取得するのかしっかりと考えておきましょう。

ISO9001で品質向上

ISO規格の中でもISO9001は品質管理マネジメントの規格となっており、取得をすることによって企業のサービスの質が向上します。企画を取得した後にサービス向上のために行なう手順などをマニュアル化してしまえば、社員全体に浸透しより効果を発揮するでしょう。

企業を発展させるために

企業を発展させるためには、総務のアウトソーシングやデータ送信やデータ復元に役立つデータセンターなどを利用していくことも重要です。外部に委託することで業務の手間を省くことができ、生産性や作業の効率化を行なうことができるのです。

委託時は予算を考えて

外部委託で業務を任せる場合、どれくらいの費用が掛かるのかしっかりと把握しておきましょう。掛かる費用と得られるメリットのバランスを考えて委託するのがアウトソーシングのポイントとなっています。

広告募集中